人が亡くなることは非常に悲しいことです。
昨日まで楽しく話していた人が、突然死ぬこともあります。
そして家族が死んでしまうと深い悲しみに引き裂かれます。
さらに冷静さを欠き、何も考えられなくなるのです。
しかし遺族で喪主であると葬儀会社を選択し、葬式プランを組んでいかねばなりません。
当サイトでは悲しみのなかでも少しでも冷静に、後悔の無い葬式業者の比較や選び方のポイントをお伝えしていきます。
このサイトを呼んで少しでも満足のいく心温まる葬式になることを願ってやみません。

葬儀を依頼する業者はどう選べばいい?比較するべき大事なポイントを紹介

葬儀を依頼する業者はどう選べばいい?比較するべき大事なポイントを紹介 家族が泣かなくなると、すぐに葬儀業者を選定しプランを組んでいく必要があります。
多くな病院や周辺の人の言われるままに業者を選んでしまいがちです。
しかしそのことで後になって費用面でのトラブルが起こったり、満足のいく葬式を執り行えなど問題も見られます。
後悔のない葬式にするには、葬儀業者を比較検討し、納得のいくプランを選択しなければいけません。
まずネット検索で周辺の業者数社を選択し、見積もり依頼を掛けます。
相見積もりを行い、最も料金が明瞭でクリアな業者を選んでいきます。
そして次に大事なポイントは、追加で料金請求されないかどうかです。
追加請求があってトラブルになることが頻発しているからです。
営業マンや電話応対者の対応が親身で迅速であるかも、見極めのポイントと言えます。

葬儀の業者やプランを比較して選ぶメリット

葬儀の業者やプランを比較して選ぶメリット 葬儀業者は現在の日本では数え切れないほど豊富であり、初めてはもちろん二度目でもどこを選んだらより満足できる結果になるかわからず悩む人が大半です。
まずは葬儀のプラン内容や規模を決めることが大切であり、業者により得意としている内容や規模に近いがあるので希望しているものを得意としている中から選ぶことが大切になってきます。
一昔前は規模が大きめな一般葬が当然とされていましたが、近年では親戚関係や近所付き合いの軽薄化や高齢化など、あらゆる理由から規模が小さな争議が増えつつあります。
家族葬を専門としている業者も増えているからこそ、本当に信頼できる先を見つけるために複数に相談したり見積もりを取ってみることが大切です。
金銭面の違いのみで判断するのではなく、スタッフの対応が丁寧で安心して任せられるかという点に注目することもポイントとなってきます。
どんなに他人が良いという評判の高い業者でも、希望に合うプランがなかったり得意としている規模が異なるとなれば選ぶべきとは言えません。
だからこそOLCの葬儀社を比較することにより、本当に求めている葬儀にふさわしい葬儀社とプランを選ぶことができるようになるというメリットがあります。

葬儀の給付金の種類と受け取る方法について

保険の加入者が亡くなった場合、喪主は葬儀のための給付金を受けることができます。
葬儀が終わってから受けとるお金ですが、葬祭料と埋葬料、埋葬費の3つがあります。
葬祭費というのは、故人が国民健康保険か国家公務員共済組合に加入していた場合の名目で、後期高齢者保険なら3万円、国民健康保険に加入なら5万円です。
国家公務員共済組合なら、組合によって異なり10万円から27万円が受け取れます。
埋葬料は故人が社会保険に加入していた場合で、一律5万円です。
埋葬費は実費を支給するもので、上限は5万円です。
どの給付金も死亡してから2年以内に申請する必要があるので、忘れないうちに書類を揃えておくことが勧められます。
必要な書類とは、例えば葬祭費なら申請書と個人の健康保険証、申請する人の印鑑と振込用口座で、申請者は喪主と決められているので、本院であることが確認できる証明書も必要です。
届け出先は葬祭費は国民健康保険なら役所の保険金課で、共済組合ならその組合になります。

葬儀において心のケアを欠かさないことも重要

葬儀は残された遺族にとって大きなイベントです。
タイトなスケジュールの中でさまざまな準備を進めていく必要があります。
突発的に亡くなった場合は特に大変で、日常生活におけるあらゆる作業がストップしかねません。
ですから感覚がマヒしてしまい、忙しい間は夢中になって準備を進めることがよくあります。
この場合でも、途中から次第に悲しさがこみ上げてくるのが一般的です。
現実と向き合ったときに、頭の中が真っ白になることも珍しくありません。
そこでポイントになるのが心のケアを欠かさないことです。
それを怠ると葬儀中に泣き崩れてしまう事態が起こる可能性もあります。
そういったリスクを回避するためにも、周囲の人が最大限の配慮をしてあげましょう。
体が疲弊するとメンタルも疲れやすくなるため、作業を身内で分担してあげるのも有効な方法です。
親しい人が寄り添うことで残されたショックを和らげられます。
何をしてほしいのか聞いてニーズを満たしてあげることも大切です。

日本の葬儀費用が他国に比べて高い理由とは?

世界の国々と比較すると、日本の葬儀費用はかなり高額であることがわかります。
アメリカは平均で50万円程度なのに対して、日本の費用は平均で200万円を超えているのです。
ちなみに韓国は約40万円で、ドイツにいたっては20万円程度となっています。
では日本は、なぜこれほどものコストがかかるのでしょうか。
その理由は、伝統的な儀式が多いところにあります。
特に仏教の葬儀では戒名を付ける儀式がありますし、戒名が決まったらその名前を付けてもらったことに対するお礼を支払わなければなりません。
もちろんお坊さんに葬儀でお経を読んでもらったら、それに対するお礼も必要になります。
さらに参列者に食事を振る舞わなければなりませんし、お帰りになる際はお礼として返礼品を手渡す儀式もあります。
葬儀屋に払う料金の他に、こんなにもたくさんのコストがかかるのです。
日本の葬儀が高額であることの理由を十分に理解して、見積書で提示された額以上のお金を用意しておくことが重要になります。

葬儀の際の香典返しの目安と適した時期とは

葬儀の際にいただいた香典は、香典返しとして49日目である忌明けを目安に相手に渡します。
期間は49日法要後約1か月ですが、期間に関しては宗教で異なるため、注意しなくてはなりません。
香典返しの金額は葬儀後の訪問の際にいただいた香典の、3分の1から半分程度が一般的になります。
ですが親族や身内などが高額の香典を包んでくれた場合は半分にこだわる必要はなく、おおよそ3分の1から4分の1程度とします。
葬儀や通夜など当日にお返しをする場合は金額に関係なく、会葬御礼としてすべて同じ品物をお渡ししますが、返礼品では不十分な場合は忌明け後に改めて返礼することが一般的です。
この場合は香典の半額から会葬御礼で渡した品物の額を差し引いた金額を目安とします。
なお香典を贈る時期は宗教によって異なっています。仏式では49日法要から1か月以内、神式は50日目の五十日祭から1か月以内などと決まっています。
キリスト教はカトリックかプロテスタントかによっても異なるので注意する必要があります。

葬儀の対応内容に不満を感じてしまう理由とは?

葬儀屋さんの対応内容に不満を感じたことはあるでしょうか。
実はほとんどの人が不満を感じたという調査結果があるのです。
お葬式の担当スタッフとして働くには、かなりの体力を要します。
たとえばお通夜の際は夜遅くまで起きていなければなりませんし、お葬式の準備では重い祭壇を運ぶ必要があります。
さらに屋外での仕事もたくさんあり、冬の寒さと夏の暑さに耐えながら業務を遂行しなければならないのです。
そのため20~30代の若いスタッフが多く採用されるのですが、若いということは自身で喪主の経験を積むことができない可能性が高まります。
つまり葬儀に関する知識を豊富に身につけることができても、消費者側の経験はあまり積めないということになるのです。
葬儀というのは喪主を経験してこそ、消費者目線に立つことができます。
この喪主としての経験の無い部分が、対応内容の不満につながっているのです。
葬儀を依頼して若いスタッフが担当になったら、この点を考慮しながら希望を伝えていくことが重要になります。

葬儀はマナーを守り弔いの気持ちで参列しよう

人は必ず死ぬ時がやって来ます。
これは生物として生まれたものの運命であり必然であると言える事象です。
天が迎えに来たときは静かにそれを受け入れ、今生に別れを告げなければなりません。
人が亡くなると遺族は葬儀の段取りをしなければいけないのです。葬儀を行う上で、個人がお世話になった知人や親類に訃報を伝えできるだけ多くの人に参列してもらい、故人を弔ってもらう必要があります。
訃報を聞いた人は、まずは葬儀マナーを守り喪服のブラックフォーマルを準備しないといけません。
それに数珠と香典を包む袱紗を用意することも忘れないようにしましょう。
男性の場合訃報を聞き、通夜に駆けつけるときは普段の背広に黒色のネクタイを締め参列することが許されています。
女性に限っては、通夜の時でも派手な色目の装いは避け、できるだけ黒や濃紺のスーツを身に着け、黒のパンティーストッキングに履き替える必要があります。
通夜でも葬儀であっても、ダイヤモンドやゴールドなど光る装飾品はすべて外すのがマナーであり、きちんとした装いで参列することが故人を偲び弔う気持ちを表出するのです。

葬儀ではお悔やみの気持ちを表出することが大事

人は誰でもこの世の中に生まれてきたからには、天がお迎えに来てなくなる時が来ます。
これは生きとし生けるものが与えられた事象であり、それを避けることばできません。
人が亡くなると遺族はその故人のために葬儀を執り行います。
できるだけ多くのお世話になった方や友人、職場の同僚に見送ってほしいという場合には、訃報を広く伝えていかないとなりません。
訃報を受けた人はお悔やみの気持ちをもって葬儀に参列します。
その気持ちを表出するには、葬儀マナーを良く守り参列しなければならないのです。
服装に関しても喪に服し、ブラックフォーマルが基本です。
それに数珠や袱紗に包んだ香典を必ず持参しなければなりません。
もし都合が悪く、病気などで参列できない場合には、弔電を送ることが場によりも大事です。
そして後日四十九日までに一度自宅を訪れ、焼香させてもらい挨拶をすることが大事なのです。
こうしたマナーを守ることがお悔やみの気持ちを表出するものです。

葬儀に関して大切な手続きがある点に注目する

葬儀は様々な手続きがある中で、基礎知識を身に付けている方とそうでない方とで差が出てくる可能性があります。
忙しく準備を行っていく中で、手続きの中には有効期限が用意されているものもある点に注意です。
葬儀を考えていくときに、期限があるものから優先して進めていけるようにするなど、真剣に考えた行動が必要になります。
葬儀会社に相談すれば、すべて解決するのではなく、家族で行っていく必要があることは家族で対応することが求められます。
わからないことが多い場合は、親せきに相談してみるなど、お葬式の準備を進める中で大変だったことなどを教えてもらうことで、早めに備えていくことを意識することができます。
大切なことを教えてもらうことによって、早めに対応していくことを考えた備え方ができます。
役所へ行くなど、出かける必要があることに対してもスケジュール調整を行っていき、丁寧に対処していけるようにすることも大事なポイントです。

現代での葬儀のおすすめプラントはどのようなもの?

現代は人それぞれの価値観や考え方が尊重され、受け入れられる時代になっています。
特に冠婚葬祭では顕著にそのことが見て取れます。
結婚式ではホテルウエディングなどに限らず、レストランや神社などで個性的な結婚式をする人が多くなっているのです。
そして少人数に限定しコストを極力安く抑えるスマート婚も人気です。
これは葬儀も同様で、できるだけ小規模に安く執り行える葬儀プランが人気なのです。
おすすめプランとしては、直葬や家族葬といったスタイルです。
直葬とは葬儀会場を設けず、直接火葬場に向かい火葬前に簡単な読経とお別れをするものです。
家族葬は小さな会場を抑え、ごく限られた親族のみで行う葬儀を指します。
十名程度の限定される葬式ですが、むしろその方が個人とじっくり向き合い、泣いたり語り掛けたりあっと法務な式を行えるのです。
家族葬の費用は30万円前後、直葬は15万円前後が相場と言われ非常にリーズナブルにハートフルな葬式を行うことができます。

葬儀の打ち合わせに関する基本的な流れについて

葬儀を行うことになったとき、欠かせないのは喪主と葬祭企業との打ち合わせです。
いろいろな名目でお金が動くため、決めなくてはいけないことがあります。
故人が遺書を用意している場合は、それにそって準備できれば最適です。
喪主がある程度自由に葬儀を運営できる状態であれば、想定される参列者の数などから会場を決めます。
また、付き合いのある寺院があるときは、僧侶にスケジュールの確認をしなくてはいけません。
火葬場の予約についても確認が必要です。
これらの多くについては、喪主が詳しいことを知らなくても葬祭企業のスタッフが代行してくれます。
喪主としては、香典返しの品物や葬儀でふるまう軽食の内容などを決定しましょう。
決定しにくいときは、予算を超えなことを優先したり、年長者に相談したりして決めるのが基本です。
葬祭企業には豊富なノウハウを持っているので、可能な限り遺族に寄り添った葬儀が実現できるはずです。
困ったときは、いつでも相談してかまいません。

葬儀に参列する際には宗派の違い毎の内容を把握しておく

日本において葬儀を行う場合、一般的には仏式タイプが多く行われています。
社会人になると会社関係の人など人とのつながりが広がるからこそ、葬式に参列する機会も増えてきます。
実際に参列する際にはマナーを守る事が重要ですが、同時に仏式タイプであっても宗派毎の違いも把握しておく事が大切です。
葬儀の際の宗派毎の違いとして、まずは経典があり読経の際のお経自体があげられます。
参列者も合わせて読経するするケースもあるので、経典の違いを理解しておく事が重要です。
同じように焼香の作法にも差があり、抹香をつまんで額にまで上げ香炉にくべる流れですが回数が異なります。
お線香でお焼香する場合でも本数がことなるので、その点はしっかり注意すべきポイントの1つです。
他には祭壇や数珠の持ち方などもに違いがあるので、その点も事前に把握しておくとよりマナーを守って参列する事に繋がります。
故人との最後のお別れをするだけでなく、残された遺族への配慮も含めた対応がポイントといえます。

葬儀に参列する際の服装マナーをチェックしよう

葬儀に参列する場合、日本では喪服・ブラックフォーマルと言われる服装を着用するのがマナーとなっています。
男性はスーツ、女性はワンピースやツーピースにパンツスタイルもスーツが基本です。
黒っぽい色の服はお通夜では特に問題ないとされていますが、葬儀の場合はマナー違反となるので必ず喪服・ブラックフォーマルを選びましょう。
男性は白のシャツに黒のネクタイを締めます。靴やバッグも黒に統一することがマナーです。
女性の場合も靴などの小物類は全て黒です。スカートの丈は膝が隠れるものにします。
膝が見える短い丈だと華美な印象を与えてしまうため、お葬式の場にはふさわしくありません。
靴は基本、3cmから5cmほどの高さがあるヒールのパンプスを合わせます。
ただし、高齢者や妊婦さん、その他の理由でヒールのある靴を履くことが難しいという場合は、ヒールのない靴でも問題ありません。お子さんの場合、学生服があればそれを着用します。
ない場合は落ち着いたカラーの服装にしましょう。

現在は、葬儀もオンラインの時代になりました。

葬儀と言えば、故人に対する遺族の孝心を示す場と考えられていると共に故人の生前の人望や人徳を示す場であり、如何に盛大に大規模にやるかが大きな問題だった時期がありました。
現在では、凋落を続ける日本経済の不況の煽りを受けて簡素かつ小規模になっており、葬儀に参列する人数が年々少なくなっている状態でした。
しかし、日本経済の凋落に拍車をかける様に新型コロナウイルスのパンデミックが世界規模で発生した事で参列を控える風潮が一気に広がりましたが、お世話になった故人をしっかりと見送りたいと言う参列希望者が意外に多く、積雪の多い地域でオンラインによる参列が可能となっています。
新型コロナウイルス流行中は、交通公共機関の利用も憚られていたので遠方にいる親戚や知人の参列は非常に難しく、自宅などインターネットのある所ならどこからでも故人を悼む事ができるオンラインは多くの人に受け入れられている状態です。
骨上げすら行わないゼロ葬が関西で増加している様に、葬儀に対する考え方が変化しているので今後も増加すると考えられます。

葬儀を最低限必要な内容にしても現金で費用を支払えそうにない場合の対処法

亡くなった人の遺族の中には、葬儀にかかる費用をできるだけ抑えたいと考える人が多いです。
葬儀社に依頼を行う場合、原則として手配する物品や利用するサービスの数が増えれば請求される費用は多くなります。
逆に最低限の内容、つまり通夜や告別式を行わず、納棺後すぐに遺体を火葬場に運んで火葬のみを行うといった直葬に近い形式にすれば費用は安くなりますが、それでも10万円前後はかかります。
もし、最低限必要な儀式のみを盛り込んだ葬儀の費用を現金で支払えそうにない場合、まず現金以外の支払い方法を利用できないか調べます。
葬儀社の中にはクレジットカード決済や銀行振込などといった他の方法での支払いや、独自に複数回に分けて払い込むことを認めている場合があります。
また、加入している保険からの給付金を払い込みにあてることができるほか、生活保護の対象者だった場合は葬祭扶助制度などを利用することができる可能性があるので、検討してみましょう。

葬儀を行う際にトラブルに備えた事前対策がポイント

身内で不幸があった際には最後のお別れの場として、葬儀を執り行う事が一般的です。
ただし葬式自体のプランにも色々種類があり、同じ葬儀であっても様々なスタイルや形式など内容には大きく違いがある事が殆どといえます。
実際に頻繁に行う事ではないからこそ、遺族にとって思わぬトラブルに見舞われるというケースも多いです。
実際に葬式では葬式後に追加費用が発生し、思わぬ高額費用の支払いが必要になったというケースもあります。
香典を利用した支払いを想定していたにもかかわらず、予想以上に香典が少なかったという場合も多いです。
同じ仏教であっても宗派の違っていたという点や、密葬にしたのに親戚にばれて揉めたというケースもあります。
様々なトラブルになりうるケースを事前に把握しておく事で、対策する事が可能という点が強みです。
初めての葬儀であってもしっかり対策することで、しっかり身内の最後のお別れを行う事ができ納得した葬式にする事が出来ます。

おすすめの葬儀情報サイト

千葉市の葬儀

鎌倉新書が運営する

①遺族への慰め、②天国の平安の約束、③神・天国との同化、④死を通しての教訓……を強調していると知って驚いている。とはいえ、これはメソジスト協会の葬儀式文の比較なのでカソリックとはまた違うのかもしれないのだけれども。

-->